ヘアケア正解&不正解〜髪の美しさと若さを守るQ&A集

そのヘアケアって正しいの?間違っているの?

スキンケアも何となくやっている人が多いですが、それ以上に何となくやっている人が多いのがヘアケアですよね。 シャンプー選びも適当、髪と頭皮の紫外線対策にも無頓着の人が多いような気がします。

まだ20代の人は髪のオシャレに必死かもしれませんが、そうしたおしゃれも30代以降は難しくなってきます。 理由はこれまでの髪に対するツケが表面化して、髪質が低下してクセ毛が強くなるし、毛量が減ってボリュームがなくなるから。

あんまり意識しないと思うんですが、白髪という現象以外にも髪や頭皮というのはジワジワと老化しているんですね。 この髪と老化を少しでも遅らせて美髪&美頭皮をキープするというのが本来のヘアケアの目的だったりします。

すでに頭皮の乾燥やかゆみ、ニオイといったトラブルが気になっている方、年齢のせいか薄く毛量がなくなってい方、 切れ毛や枝毛など髪のダメージが一向に良くならない方は、ぜひ当サイトを参考に今起こっているヘアケアを見直してみてください。

思わぬ勘違いで自ら髪や頭皮を傷める原因を作っていることに気づけるはずです。

管理人がおすすめする当サイト一押しコンテンツ

まずここから要チェック!
髪がパサつく原因は何? 髪がパサパサ、カサカサしているとき、髪に何が起こっているの?
「水」のダメージとは? 某シャンプーのCMで話題になった「水」による髪へのダメージ。その内容とは?
海で泳ぐと髪が傷む理由 サーファーの髪はなんであんなに傷んでいるんでしょうか?理由があるんです。
30代から髪が細くなる 女性にとって髪と頭皮の下り坂は35歳です。ヘアスタイルも決まらなくなってきます。
髪・頭皮のニオイの原因 プーンと臭うそのニオイの出所はあなたの頭部かも?ニオイケアも間違えやすいです。
白髪対策の最新事情 諦めていた白髪も新しい発見もあって克服の兆しが見えてきました。

ヘアケアのやり方を教わるなんてことはないのでけっこうな確率で勘違い、思い違いをしていると思います。 また何が髪にダメージを与えている原因かも意外なものがあったりします。

間違ったヘアケアが招く「薄毛」「白髪」という問題

おしゃれ優先で髪を染めたり、縮毛矯正したり、エクステしたりといったことをしているとそれはやがて髪や頭皮のトラブルとして表れます。 若いころに髪をいじって負担をかけていた人ほど白髪が生えてくる年齢が早くなりますし、細毛が薄毛といった問題もでてきます。

髪や頭皮に対して自分がやってきたことというのは30代以降如実に表れるんですね。

今のところ薄毛にしろ、白髪にしろこれといった特効薬は存在しません。薄毛は薬を飲まなくてはいけないし、飲んだとしても薄毛が改善するのは7割程度です。 白髪は染めることになりますが、髪と頭皮への負担が増すのでこれが薄毛につながることもあります。

それでなくても女性は35歳以降は女性ホルモンの減少で髪質が大幅に低下していきますからトラブルとは無縁でいられません。 ただ、若いころの美髪貯金がどれだけあるかでそれもかわってくるんです。だから正しいヘアケアをできるだけ早いうちから取り掛かるのが大切なんですね

ヘアケアにかんしてはよかれと思ってやっていることが実は髪や頭皮に負担をかけているということも珍しくありません。 特に毎日のシャンプーについてはそうですよね。毎日シャンプーするのが当たり前だと思っている人は要注意です。

早いうちから正しいヘアケアに取り組めば髪や頭皮のトラブルを減らせるだけでなく、老化も遅らせることができます。頑張りましょう。

更新情報・お知らせ