ヘアケア正解&不正解TOPTOP > 加齢による髪や頭皮の老化現象について > 深刻!女性の薄毛問題

ずっと同じ分け目やポニーテールを続けるとハゲるって本当?

髪の毛を結んだり前髪の分け目をずっと同じにしているハゲるという噂を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

これは噂でもなんでもなくて実際にハゲてきます。「牽引性脱毛症」という立派な名前がついているぐらいですから。 いつもポニーテールにしている人やエクステなどをつけておしゃれしている方は特に注意が必要です。

これは何でハゲてきてしまうかというと髪が引っ張られることで頭皮が常に緊張状態に置かれてしまい、血行不良が起こって毛根がダメージを受けてやられてしまうからです。 「ナオミ・キャンベル ハゲ」で検索すると牽引性脱毛症の恐ろしさがよくわかると思います。

男性の場合は髪が短いので毎日同じ分け目でも髪の生え方に癖がつく程度でハゲることはないんですが、女性は髪が長い分、 引っ張ってまとめたときの重さが増すので頭皮の負担が増してハゲてしまうんです。

抜け毛は何本までが許容範囲ですか?

抜け毛に悩んでいる人は多いです。

ただ、抜け毛はヘアサイクルというものがある以上、10万本ある髪の毛のどれかは必ず抜ける運命にあります。 だいたい1日あたり50~100本というのは普通の抜け毛です。

それから秋口や産後というのは抜け毛が増える時期ですからこれも正常の範囲内です。気にすることはありません。

どういう抜け毛がマズイのかというと細く弱々しい軟毛が抜けているときです。髪をブラッシングしてどんな髪が抜けるかチェックしてみてください。 成長し切った髪の毛が抜けている分には全く問題ありませんが、成長しきっていない未熟な毛が抜けているのであればそれはマズイ兆候です。

薄毛の仕組みは男女でどう違うの?

薄毛は、男女によってその仕組みも違ってきます。

まず男性の場合、男性ホルモンによる作用でヘアサイクルが短縮されて髪が生えにくくなり薄毛が引き起こされてきます。 この場合、AGA治療に代表されるホルモンの働きを抑制する治療を受けなければなりません。

一方の女性の場合には、加齢による頭皮環境の悪化、女性ホルモンの減少、ダイエットや間違ったヘアケアによるダメージの蓄積等が原因で髪が生えにくくなってきます。

頭皮環境を改善したり、ホルモンバランスを整えることで改善することもありますが、それでもダメなら女性専門の薄毛外来なども最近はあるので訪ねてみるのもいいと思います。

男女ともに薄毛外来に行けば7割程度の人は発毛や育毛の実感を得られるみたいです。

女性の薄毛外来ではどんな治療を受けるの?

女性の間でも薄毛に悩む人は年々増えているといいます。

それをうけてここ最近は女性専門の薄毛外来も増えてきており、大盛況だという話を聞きます。薄毛はもはや男性だけの悩みじゃないということなんですね。

気になる薄毛外来での治療ですが、どんなことをするかというと医師による診察(問診・視診・触診)のあと症状により外用薬や内服薬を処方して治療をはじめます。 保険が効かないため1回あたり30,000円程度のお金がかかります。(※経過観察のため月1回で来院が必要)

育毛治療というのは長期間にわたるものですし、途中で薬をやめたりすれば元に戻っていくということがあるので経済的にはかなり負担になると思っておいたほうがいいです。 ただ、ネット通販などでよくわからない育毛剤を購入するよりはよほど効果が期待できます。

何もしなければどんどん髪が薄くなり、カツラを被るしかできなくなりますが、早い段階で薄毛治療をはじめればまた髪が生えてくるかもしれません。 薄毛治療に取り組む女性の数は今後も増えることはあっても減ることはないと思われています。

「加齢による髪や頭皮の老化現象」についての記事一覧

加齢によるクセ毛・髪質の低下

30代からの細毛・抜け毛

深刻!女性の薄毛問題 ←今ココ

頭皮環境を改善する方法