ヘアケア正解&不正解TOPTOP > 髪と頭皮の悩みQ&A > カラーリングによくある疑問

カラーリング、マニキュア、ヘナ、色々あるけれどどう違うの?

毛染めにも色々ありますが、カラーリングは染料が髪の内部にまで浸透しますので一度染めれば結構長持ちするのがメリットです。 ただ化学物質を含む染料が多く、髪を傷めることになりますし、化学物質に対しては抵抗がある方もいるでしょう。

そこで、カラーリング剤を使いたくない方にはヘナが良いかもしれません。ヘナは天然成分の染料ですし、トリートメント効果もあります。 ただ染めるのに時間が掛かるのと思いどおりの色になるとは限らないのが難と言えるでしょう。

マニキュアはキューティクル部分だけに染料を付着させるので髪を傷めることはありません。しかし、洗うたびに色が落ちていきますので長持ちは期待できません。

パーマとカラー、1度に済ませたいけれど同時にしないほうがいい理由は?

きれいで健康な髪を維持しようと思ったら髪の毛に対して間違った方法をとらないことが大切です。 そのひとつがパーマとカラーリングを同時に行わないこと。

パーマとカラーを一緒に行ってしまうと髪の毛を大きく痛めてしまう可能性があります。

パーマで傷んだキューティクルが回復しないうちにカラーリングを行ってしまうことによって、 より髪へ負担をかけてしまうので髪質が著しく低下してしまうんですね。

そのためパーマとカラーリングは同時に行わずに少し間隔を空けて行うことをおすすめします。

敏感肌でもできるカラーやパーマはありますか?

頭皮にも刺激に弱い敏感肌というものがあります。

カラーやパーマといった刺激の強いものを行う場合は特に注意が必要で、場合によっては頭皮が炎症を起こしたり、カブレることがあります。 そのため美容室では事前に敏感肌であることを伝えるようにしてください。

頭皮が弱く敏感な人用の低刺激のものを使ってカラーリングしてもらえますし、パーマもパーマ液が根元につかないように処置してくれます。

自分で行う際は和漢彩染など植物由来のカラー剤を使うのがおすすめです。これはジアミンも含まれていないですし アルカリ濃度が通常のカラーリング剤に比べて1/10のなので敏感肌でも安心して使えるはずです。

とはいっても植物成分に反応してしまうこともあるのでパッチテストは必須です。

カラーリングの色持ちをよくするためにできるホームケアって何かある?

カラーリングをした髪の毛の色持ちを長持ちさせるためにはそれ専用のアイテムを使ったほうがいいです。

例えば退色を促す一番の原因はシャンプーですが、表面をコーティングすることでカラーの流出を抑えるカラーリング用シャンプーがあるので それを使うとだいぶ違うはずです。

また、ドライヤーの熱もカラーリングを落としやすくするので、オーバートリートメントにならないように時間と髪の毛からの距離など気をつけないといけません。 カラーリングを維持することに特化したドライヤーもあるのでチェックしてみてください。

「ビューティコラーゲンドライヤーTCD4000」という製品です。

「髪と頭皮の悩みQ&A」についての記事一覧

頭皮の保湿って大切なの?

髪、頭皮のニオイの原因はナニ?

カラーリングによくある疑問 ←今ここ

白髪との正しい付き合い方