ヘアケア正解&不正解TOPTOP > ヘアケアの基本知識について > トリートメントに関する疑問点

コンディショナー、トリートメント、マスクの違いは何?

コンディショナーは髪の外側に膜をはって覆うように保護するもの。トリートメントとマスクは内側から傷んだところを中心に補修する役割を持つものです。 トリートメントとマスクは役割は同じですがマスクのほうがより濃い処方です。

トリートメントとマスクは配合されてる栄養分が豊富で濃度が違うってことです。 よりダメージケアを行いたい場合、高い効果が期待できるマスクの方がおすすめできます。

ただ、濃度が高いので毎日する必要はなく、スペシャルケア的な位置づけでヘアケアに取り入れるといいと思います。 コンディショナーはシャンプーをしたあとの髪を保護するために必要なステップですので毎日使用するのが基本です。

目的と自分の今の髪の状態に合わせて製品を使い分けるようにしましょう。

アウトバストリートメントは何を基準に選べばいいの?

アウトバストリートメントはお風呂の外で使える洗い流さないトリートメントのことです。 シャンプーやコンディショナーよりもスキンケア用品に近いもの考えてもらった方がいいでしょう。

特徴ですが、洗い流さないために髪に留まり浸透しやすく、より効果が期待できます。

しかし、髪の表面に留まるため、髪型によっては顔にアウトバストリートメントの成分がつくことがあります。 そのため、髪だけではなく肌にも合うかも重要になってきます。

選ぶときのポイントですがベタつきが少なくすぐに浸透してサラサラになるかという使用感は当たり前として、 髪の乾燥がひどいときは乳化しているミルクタイプでパサつきやダメージをケアして、夏は紫外線から髪を守るために オイル系を使うなど季節ごとに変えるなど工夫があってもいいと思います。

夏はオイル、冬はミルクがアウトバストリートメント選びで重要になってくると思います。

トリートメントは長く置いたほうが効果あるの?

髪を傷めないようにするためには、適切なトリートメントを行うことが必要です。

トリートメントを使用する場合、髪を補修してくれるものだから時間をかければかけるほどいいと思いがちですが、 それは間違った考え方です。やみくもに長い時間を置いても効果があるどころか逆効果になるケースがあります。

使用上の注意を守り、規定時間が指定されているならきちんと時間を計って、適切なタイミングで切り上げることが大切です。 正しい使い方をしてはじめてトリートメントの効果が発揮されるということは覚えておいたほうがいいですよ。

シャンプーとコンディショナーは同じラインのものを使ったほうがいい?

理想はそうです。

シャンプーとコンディショナーは、同じラインのものを使ったほうがいいのはそもそもそう設計されているからで 成分的なものをみてもお互い作用を補完したり、相乗効果があるようになっているからです。

ただ、シャンプーとコンディショナーを別々のメーカーのものを使っても特に問題がでてくるわけではないです。 お互いに効果を相殺してしまう可能性があるというものでもないので、それほど気になる必要はないです。

今の自分の髪や頭皮が抱える問題を解消してくれるもの、髪の毛の質を把握してより自分の髪に合う商品を選ぶことが一番ですし、 好みのものを選ぶのが一番です。できればライン使いのほうがいいですが、アラカルトでも別に問題はないです。

「ヘアケアの基本知識」についての記事一覧

髪の本数や構造について

よくある髪と頭皮のトラブル

必見!シャンプーの選び方

トリートメントに関する疑問点 ←今ここ