ヘアケア正解&不正解TOPTOP > 髪のダメージの原因は?について > 紫外線による髪ダメージ

髪も紫外線ダメージを受けるって本当?

髪は紫外線によってダメージを受けています。

髪は顔に比べて3倍以上の紫外線にさらされているといいます。肌と違って毛皮質にメラニン色素が詰まっているので紫外線に対する防御力は強いんですが、 それでも紫外線ダメージによってキューティクルの一部がめくれたり、はがれたりします。

キューティクルが損傷した状態は細毛や切れ毛、乾燥毛の原因になってしまいます。

また髪だけでなく頭皮へのダメージも心配です。長時間外にいた後は頭皮がかさつき赤っぽくなったように感じたことがあると思いますが、それは紫外線によるダメージで間違いありません。

顔に比べると髪や頭皮に対するUVケアの意識は低いと思います。紫外線を防ぐために帽子をかぶったり、UVヘアスプレーでUVケアしてあげることが大切です。

髪を染めると紫外線に弱くなるのはなぜ?

顔の3倍以上の紫外線を浴びている髪を守るのが髪の毛の中のメラニン色素です。

日本人の場合は髪が黒いことからもわかるように髪にしっかりメラニン色素が入っていて髪を守り、頭皮を守っているわけですが、 おしゃれのためにそのメラニン色素を脱色して抜いてしまえば当然、髪の毛の持つ天然のUV機能は失われてしまいます。

髪を染めること自体が毛髪にダメージを与えることですが、髪を染めた状態でいることは黒髪の頃に比べて桁違いに髪や頭皮への紫外線ダメージを 蓄積させてしまうということは覚えておかないといけないことです。

髪を染めるとパサパサになったり、髪が抜けやすくなるなど弱くなったと感じる人もいると思いますが、そんなのは当たり前だということです。 髪は染めずに黒髪でいることが一番です。

サーファーの髪は何でみんな傷んでいるの?

サーファーの髪は皆、茶色かったり赤っぽかったりとパサついています。

これは海に入ったときに塩分をはじめさまざまな不純物が髪に付着してしまうこと、そして髪が濡れた状態で紫外線を浴びることが影響しています。

ようするに海水というのはそれだけでもキューティクルを破壊して髪のうるおいを奪うものですが、そこにさらに紫外線ダメージもプラスされるので もうどうしようもないほど髪にとってはダメージになるということなんですね。

海から上がったら真水で塩分をしっかり落とし、トリートメントをつけて髪のキューティクルを保護してあげるなど方法もありますが、 焼け石に水といった感じではないかと思います。

水泳キャップのような帽子をかぶるとだいぶ海水や紫外線ダメージを軽減できると思いますが、そんなサーファーはまずいませんよね。 サーフィンするなら髪のダメージは受け入れるしかないと思います。

海やプールに入った後の髪のお手入れ方法は?

海であれば海水の塩分、プールなら塩素が髪に付着しています。

そのため、まずは髪の毛に付着しているそうした不純物をしっかり洗い落とすことが必要になります。 できるだけ素早くシャンプーとトリートメントを使ってキューティクルの補修をしないといけません。

傷んだ髪を保護するために事前にオイルを塗って保護膜を張っておくとか絶対に髪を濡らさないように キャップを被るというのも髪を守るための予防としては効果があります。

海水やプールの水に髪が浸かるのをできるだけ防ぐこと、浸かってしまったものについては素早く洗って落とすこと、 開いたキューティクルを補修するケアをすることが大事です。洗髪後には速やかに乾燥させることも必要です。

ただ、どんなにこうしたヘアケアを意識しても毎日のように海やプールへ行くようであれば髪の状態を維持するのも限界があります。

「髪のダメージの原因は?」についての記事一覧

水による髪ダメージ

紫外線による髪ダメージ ←今ここ

乾燥による髪ダメージ